1beda32679488e10d9ecb5e92f33e7cd_s

大手の引越し業者がどのような仕事をするのかホームページを確認してみる事です。全国的なチェーン店で対応が可能となる大型の引越し業者は、様々な最先端の道具を使って引越しをします。

特に重要なのは、大型の家具を玄関や階段から移動することが困難な場合には、ベランダからスロープを使って下ろしていくという考え方が可能となります。

滑り台のような道具を使って、ロープで縛った家具をゆっくりと下ろしていくことが可能であり、多くのスタッフが現場に入ってスピーディに作業をしていく状態は見ていてもかなり良好な印象を受けるはずです。

このような作業の内容は、ネットの動画で過去にする事が可能であり、このような仕事をやってもらえるのであれば、多少引越し費用が高くても納得出来る状況である事がわかります。

大手の引越し業者と比較して、多少安い価格で承る業者は、多くのスタッフで現場に入ることは難しいですが、丁寧な作業で傷をつけずに引越し業務を完了してもらえるはずです。

このあたりのサービスの質と料金設定を隠していけば、自分が希望している引越し業者がどこであるか分かるようになります。最初の段階では、業者のイメージがよく分からないので、友人に進められた引越し業者を利用する対策が有効です。

単身パック 荷物量について

引越しをするときに、書籍類はかなり重いので手間のかかる荷物となります。価値のある物であれば引越し先でも手元に置いておく必要がありますが、一度読んでしまった書籍は売却するという考え方があります。
9ae57ea3dca4cfdbe2477d705285d2c1_s
多くの場合、書籍はどんどん貯まっていく傾向があり、過去に一度呼んだ書籍を再度読む可能性はかなり少ないはずです。そのあたりも考慮すると、古本を多く確保するよりも、早めに売却して本棚を空の状態にしておくことも重要になります。

何より、引越しをするときには荷物が少ない方が断然に作業がはかどるので、引越しを想定する段階において、売却する物と残しておく物も良く考えるようにします。

書籍は、再度古本屋で購入するという考え方も可能なので、一度読んでしまった雑誌や文庫本などに関しては、とりあえず全て売却して荷物を軽くしていく考え方が有効となります。

新居において本棚に何も入っていない状態であれば、新たな書籍を購入できる状態となります。そのため、新しくリフレッシュして生活を始めるためにも、書庫に何も入っていない状態で生活をスタートするのも良い考え方となります。

新居の道具が少ない状態は、新たな物を購入できる状態であるため、買い物をすることが楽しくなります。

57049f9c3a47f08964e4feec879cee9b_s

トラックにどれくらいの荷物が入るのか事前に確認することができれば、引越しを依頼する時にどれくらいの費用であるのかある程度想定する事ができます。

引越しの現場にスタッフとトラックを入れる段階である程度の費用が発生するので、その金額がベースとなり引越しの費用が決まってきます。

そのトラックの費用と、スタッフ1人の費用は引越し業者によってかなり変わってくるので、最低限必要な人数とトラックのサイズが分かれば、他の業者の相場と比較しやすい状態となるのです。

転勤 引越しするときには出来るだけ多くの業者の見積もりを出した方が、安い引越しを実現する事が可能となるので、ネットの引越し費用の比較サイトをチェックして、地元で依頼することができる業者の引越し費用の相場を確認しておくことが大事になります。

そこでポイントになってくるのは、引越し業者だけでなく何でも屋さんのような業者もチェックするべきです。軽トラックや1トン車などで現場に来てもらい、車に積載できる分を大量に詰め込んで、移動しても下ろすまでの時間を計測します。

その拘束した時間で費用が発生するので、それほど遠くない引越であれば、引越し業者に依頼するよりも格安で作業を終えることが出来る可能性があります。

引越しをするときには、リサイクルショップの利用頻度が多くなるべきです。これまで住んでいた場所で使っていた物を、全て新居に移動するのではなく、引越しを期に古い物を処分して新しい物入れ換える対策を考えるのです。
%e6%a3%9a%ef%bc%91
この場合に、現状でまだ使える家具などを処分することになってしまうので、捨てるにはもったいない物はリサイクルショップに持ち込む事が大事です。

ただ、大きめの家具などを持ち込むときには非常に手間のかかる作業となるので、トラックに積載している段階で担当者に見せて金額を出してもらいます。

すでに処分するために持ち出した物は、見積金額が安いからと言って持ち帰ってくると今後の問題を山積みの状態にしてしまうので、見積もりがかなり安かったとしても処分するという決断をするべきです。

手間をかけて持ち出した家具を再度自宅に戻したり、引越し先に移動したりするといつまでもこの家具を使い続けることになってしまいます。

そのあたりを考慮すると、リサイクルショップを複数回る事を想定し様々な物を車に積載して見せて回るという対策が有効です。出来るだけ高い金額に見積もってくれた業者に売却していけば、それなりに損失を低い物とする事が可能なはずです。

931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s

引越しに最適な日和として私が推したいのはやはり、ちょっと動けば汗を掛ける穏やかな小春日和。
まさに春先の引越しシーズンにおけるベストな天気がそれで、どこからともなく漂ってくる梅や水仙の花の香りを感じながら作業すると、不思議と疲れやストレスも感じず作業が捗るもの。今後の暮らしへの期待感が春の予感と共に膨らむからでしょうか・・
確かに秋にもこういった天候はあるにはあるのですが、秋特有のどこか空気が張り詰め物悲しい雰囲気というのは好みでは無く、例え朝早くから清々しく作業出来たとしても、早くに陽が傾き出す午後までにはさっさと作業を終わらせたいという焦りが出てしまうものです。
こんなにも色々な季節の印象を持っているのも私が引越しのバイトをオールシーズンかなりの数こなしていたからで、やはり陽が高く穏やかな日和、特にどんどん陽が長くなる春の方が残りの案件に対する焦りや寂しさを感じず、心地良くノルマをこなせると感じるものです。
逆に気温の日較差が大きくなる真夏と真冬は当然の事ながら厳しく、あまり作業したくないもの。去年の夏は夏バテの疲労に加え、無理して土日連続でバイトを入れたおかげで熱中症になりかけてしまい、大変でした・・

引越し 単身 格安 大阪でしてくれる業者は?

荷造りや、転出届け、水道・電気・ガスの手続きなど、色々な準備をこなして、いざ引っ越し当日!
それまでの準備についてはあれこれ考えても、いざ当日のことになると意外とおろそかになりがちです。

今日は、そんな引っ越し当日に役立つモノ7つをピックアップして紹介したいと思います。

まず一つ目は、太めのマジックペン。段ボール箱に何を入れたかサッと書いたり、メモをとったりと、何かとあった方が便利です。ガムテープも、当日ギリギリまで使用していて、直前に梱包するモノが意外とあるため、一緒に用意しておくと安心です。

それから、大きめのビニール袋と掃除道具。荷物を全部運びだしたら、退去前の部屋を掃除することになります。もちろん、当日までにだいたいはキレイにしておくのですが、大きな家具の下などは運び出しが終わったあとでないければ掃除できません。
%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%83%e3%83%81%ef%bc%91
軽食を用意しておくのもお勧めです。バタバタしていてゆっくり食事をする時間はないけれど、動き回るのでお腹がすきます。きちんとエネルギー補給して、1日がんばりたいですね。

最後に、スマホのバッテリーと多めの現金。引っ越し当日は、業者さんやお手伝いに来てくれる人など、連絡を取ることが増えます。バッテリー切れでコンタクトが取れない!なんてことのないように、予備のバッテリーを持っておきたいです。それから、電車やタクシーで引っ越し先に移動したりするため、多めの現金もあると良いです。

引っ越しが終われば新生活までもうあと一歩!
大変ですが、がんばって乗り切りましょう!

電車に乗っていて外の景色を見た時に、ふと自分の意思とは反して、引っ越しを余儀なくされた事を思い出したので、その事について思い出しながら書きたいと思います。

%e3%82%a2%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%92
今から15年ほど前のことです。田舎から上京して初めて住んだマンションで生活して1年ほど経った時です。住んでいた区の計画で、線路沿いの歩道・車道を今より広げる、というものがありました。私の住んでいたマンションは、その線路の沿線上に建っており、何度か撤去の話が区からマンションのオーナー側にあったようです。

引越し 単身パック 短距離について

都度断っていたようですが、とうとう断る事ができなくなり、マンションは撤去する事に合意したようです。マンションを撤去するという事は当然、そこに住んでいる住民は引っ越しする必要が出てきます。住民1人1人にオーナーと区の担当者から今回の経緯と補償内容について話がありました。補償内容は私の想像以上でしたので、異論はありませんでしたが、次の引っ越し先を決めなければいけません。引っ越し先を決める上で重要視したのは、予算と通勤時間でした。ネットでの情報収集はもちろん近所の不動産屋で探したり…という日々が続きましたが、なかなか物件が決まりません。そんなこんなで時間が過ぎましたが、ようやく希望に近い物件を見つける事ができ(すこし古かったですが)契約をし、新しい生活を始める事ができました。なかなか体験する事ができないと思うので、今ではとても貴重な体験ができたと思っています。

ここ何年も大流行している事といえば断捨離ですが、捨てるのが苦手な人も少なくないのでなかなかうまくいかないと悩んでいる方が少なくありません。ですが、どんな方でも断捨離しやすいタイミングというのがあり、それが引っ越しです。
なぜなら引っ越しで大量の荷物を運ぶとなるとかなり高額な引越し料金を払うことになってしまうので、
それを避けるためにも物を捨てたほうがいいと本気で思えるからです。

%e3%82%b4%e3%83%9f%e6%8d%a8%e3%81%a6%e5%a0%b4

私も何年前かに引っ越しを経験したんですが、できる事ならば捨てたくないと思っていた物も全部捨てる事ができました。なぜならそれを運ぶためにかかる引越し料金の方がそれらを新しく買う料金よりも高くかかると気づいたからです。実際色々な引越し業者に問い合わせて見積もりをしてもらったんですが、元々運ぼうと思っていた荷物の場合は安いところでさえ7万くらいかかるとわかって本当にびっくりしましたし、ショックでした。

そこで荷物をなんとかして減らさなければいけないと思い捨てたり人にあげたりし続けた結果、最終的には2万円代の料金にまで引き下げることができたんです。料金をそこまで安くできた事にも感動しましたが、結果的に断捨離に成功できたのも嬉しかったです。

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89

私が前に行った引越しで困ったのはプラグ類です。家電には大体プラグがついていますが、コードが長いため運ぶのにはかなり邪魔なのです。
荷造りの時はコードをくるくると巻いて、他の荷物の整理の邪魔にならないような場所に置いていましたが、運ぶ時にはそうは行きません。家電は買ったときにコードをまとめるビニールタイがついていますが、大体捨てることが多いのです。しかし引越しのときは残しておけば良かったなと強く思いました。
どうしようかなと悩みながら荷造りをしていると、良いものを発見しました。荷物の中にハリガネがあったのです。大きさ的にもコード類を束ねるのにちょうど良かったので、ハリガネを使ってコンパクトにまとめました。
それによって運ぶ時に邪魔にならない長さになりました。コードが長いと足をひっかける可能性があったので心配していたのですが、ハリガネのおかげで心配事がなくなりました。
こうして引越し当日にコードに悩むことなく家電を運ぶことが出来たのです。とはいえ家電は重量がありますから、ラクラクとはいきませんでしたが、コードが邪魔にならなくなっただけでも大きな違いです。家にハリガネがあって良かったなとつくづく思いました。

引越しが決まったらチェックを→小さな引越し 見積もり

引越しにはトラブルがつきものです。気をつけていても失敗したり、間違ったりといったことはよくあります。
私が体験した引越しのトラブルは、荷物を落としてしまったことです。落としたのは段ボール箱だったためすぐに中身を確認しました。ただ落としただけなら何も問題はありませんでしたが、傷ついたりヒビが入ったりなどとして、その後の使用に差し支えるダメージだったのです。

%e9%a3%9f%e5%99%a8%ef%bc%92
食器なら多少端が欠けたぐらいなら使うことは出来ますが、真っ二つに割れているともうどうしようもないです。このときは二枚の皿と鍋のふたを破損してしまいました。
ただ鍋に関しては壊れたのが蓋だけだったので不幸中の幸いと言えます。
荷物を落として壊すというのはありがちなトラブルだったため慎重に運んでいたつもりなのですが、晴れの日だったため手に汗をかいてしまい、思わず手を滑らせてしまったのです。
手汗のせいで荷物を落としてしまうことになるなんて露ほども思っていなかったため、ハンカチやタオル等で手を拭くことをしていませんでした。こんなことになるなら汗をかくたび、きちんと拭き取っておけば良かったです。
ただ一度落とした後はそれまでよりも慎重になったため、また落とすということはありませんでした。