459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

今年の猛暑、笑えません。おかげさまで、出費が嵩んでます。病気の手前なのです。いつ、倒れてもおかしくない自分。健康だった、あの日に戻りたいです。今は近所の百貨店が心強い味方です。ちょいと前までは、喫茶店の看板娘に恋していた私です。今となっては、片想いの相手もガラッと変化しました。要するに、今のタイミングならば、引っ越しも可能です。今の住まいに未練がないのです。新たな恋の予感も感じます。
勢いつけて、遠くへ引っ越してしまいたいのです。浪費は気をつけねばなりません。引越しに必要な資金は、借金するなんて気持ちがないのです。
単独で引っ越すなんていう無駄な計画はないのです。家族で丸ごと、移住する計画です。両親もひっくるめて、大きな移住となります。計画には時間をかけます。もちろん、持ち家は手放しません。両親の所有である土地に関しては、手放さないまま、新たな土地活用を検討します。家も土地も、そのままにしておいて、やがては空き部屋も何かの役に立つはずです。
引越し先は、賃貸でOKです。知人にはアパートオーナーが3人以上もいますので、私の好みで部屋を選びます。
ただ単に、アパートオーナーなんてやっても、なかなか満室になるはずはないのです。アパート経営なんて、難しい仕事は私には向いていません。
私の友人は、不動産の運用が上手です。私の目線から考えて、信じられない現実です。
とりあえず、先ほども書いたのだけれど、自分の引っ越しプロジェクトは真剣に考慮しています。良い物件が絞り込めたら、次なる問題は毎月の家賃を、どのようにして稼いでいくかを家族会議するのです。我が家のチームワークは自慢です。きっと、どうにかなるはずなのです。

テーブルの引越し料金についてこちらも

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする