931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s

引越しに最適な日和として私が推したいのはやはり、ちょっと動けば汗を掛ける穏やかな小春日和。
まさに春先の引越しシーズンにおけるベストな天気がそれで、どこからともなく漂ってくる梅や水仙の花の香りを感じながら作業すると、不思議と疲れやストレスも感じず作業が捗るもの。今後の暮らしへの期待感が春の予感と共に膨らむからでしょうか・・
確かに秋にもこういった天候はあるにはあるのですが、秋特有のどこか空気が張り詰め物悲しい雰囲気というのは好みでは無く、例え朝早くから清々しく作業出来たとしても、早くに陽が傾き出す午後までにはさっさと作業を終わらせたいという焦りが出てしまうものです。
こんなにも色々な季節の印象を持っているのも私が引越しのバイトをオールシーズンかなりの数こなしていたからで、やはり陽が高く穏やかな日和、特にどんどん陽が長くなる春の方が残りの案件に対する焦りや寂しさを感じず、心地良くノルマをこなせると感じるものです。
逆に気温の日較差が大きくなる真夏と真冬は当然の事ながら厳しく、あまり作業したくないもの。去年の夏は夏バテの疲労に加え、無理して土日連続でバイトを入れたおかげで熱中症になりかけてしまい、大変でした・・

引越し 単身 格安 大阪でしてくれる業者は?

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする