» 2015 » 12月のブログ記事

9c3ca4dd9f00cb66ae40e5dd0132dbc2_s

引越の作業で問題になるのは、郵便物などの引越し先への住所変更です。これは引越が終わってから手続きをしても良いですが、すでに引越しの途中に発送されている荷物があるので、それをすぐに受け取るためには、早い段階で引越し先に住所移すことが大事です。

手持ちのショッピングセンターやビデオショップ、またはスポーツジムなど、様々なお店の会員カードの登録住所を変更するのです。特に必要なのがクレジットカードなどの重要な書類なのです。

これらも、後で手続きをすることも出来ますが早い段階でやっておけば、前の住んでいる場所に郵便物が行かないで済むのです。そのあたりが分かってくると、良いやり方が分かってくるのです。

スムーズに引越し作業が終わると、これらの諸手続を終えて一段落という状況になります。ただ、引越し先においても転入届を役所に提出する必要があるので、そのあたりの続きも全て終わらせる必要があるのです。

思い出してみると、何かをやっていないという状況になってる可能性があるため、全ての作業が終わってその後にもう一度考え直してみることです。

友人たちと話をしてるときにも、引越しの話題になればそのあたりを聞いてみれば、忘れていた部分の手続きがある事を思い出すはずです。

引越し 単身パック 安い業者が知りたい!

自前で引越しをするときには、最低でも軽トラックを用意する必要があります。多くの場合自宅にある物で入らない物は、ベッドのフレームと冷蔵庫、そして背の高い書庫やタンス等です。

7da1d4409cef42e8b8533fcde23cca3b_s
軽自動車なら無理ですが、普通車ならある程度のサイズのタンスなどを入れて運ぶことが出来るので、後の問題はベッドのマットレスとフレーム、そして冷蔵庫となります。

この通常の車で運ぶ事が困難な物を移動することさえ出来れば、後は自分で引越し作業を完了させることが可能になるので、これらの物を移動できる業者を探すのです。

極端な考え方としては小包で送るという考え方もあるのですが、さすがに安い引越し業者折りも価格が高くなってしまうためそれは断念して、格安で請け負ってくれる運送業者を探すのです。

軽トラックであったとしても、しっかりと固定して運んでいけば、ベッドも問題なく移動することは可能なのです。それ以上の問題はベッドのマットレスより大きい物があったばあいです。

このような時は、1トン車以上が必要になってくるので、トラックを借りてくるか、そのまま引越し業者に依頼してしまうと言う方が楽なのです。このあたりのボーダーラインを良く考えておく事が必要になってくるのです。