» 2016 » 10月のブログ記事

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89

私が前に行った引越しで困ったのはプラグ類です。家電には大体プラグがついていますが、コードが長いため運ぶのにはかなり邪魔なのです。
荷造りの時はコードをくるくると巻いて、他の荷物の整理の邪魔にならないような場所に置いていましたが、運ぶ時にはそうは行きません。家電は買ったときにコードをまとめるビニールタイがついていますが、大体捨てることが多いのです。しかし引越しのときは残しておけば良かったなと強く思いました。
どうしようかなと悩みながら荷造りをしていると、良いものを発見しました。荷物の中にハリガネがあったのです。大きさ的にもコード類を束ねるのにちょうど良かったので、ハリガネを使ってコンパクトにまとめました。
それによって運ぶ時に邪魔にならない長さになりました。コードが長いと足をひっかける可能性があったので心配していたのですが、ハリガネのおかげで心配事がなくなりました。
こうして引越し当日にコードに悩むことなく家電を運ぶことが出来たのです。とはいえ家電は重量がありますから、ラクラクとはいきませんでしたが、コードが邪魔にならなくなっただけでも大きな違いです。家にハリガネがあって良かったなとつくづく思いました。

引越しが決まったらチェックを→小さな引越し 見積もり

引越しにはトラブルがつきものです。気をつけていても失敗したり、間違ったりといったことはよくあります。
私が体験した引越しのトラブルは、荷物を落としてしまったことです。落としたのは段ボール箱だったためすぐに中身を確認しました。ただ落としただけなら何も問題はありませんでしたが、傷ついたりヒビが入ったりなどとして、その後の使用に差し支えるダメージだったのです。

%e9%a3%9f%e5%99%a8%ef%bc%92
食器なら多少端が欠けたぐらいなら使うことは出来ますが、真っ二つに割れているともうどうしようもないです。このときは二枚の皿と鍋のふたを破損してしまいました。
ただ鍋に関しては壊れたのが蓋だけだったので不幸中の幸いと言えます。
荷物を落として壊すというのはありがちなトラブルだったため慎重に運んでいたつもりなのですが、晴れの日だったため手に汗をかいてしまい、思わず手を滑らせてしまったのです。
手汗のせいで荷物を落としてしまうことになるなんて露ほども思っていなかったため、ハンカチやタオル等で手を拭くことをしていませんでした。こんなことになるなら汗をかくたび、きちんと拭き取っておけば良かったです。
ただ一度落とした後はそれまでよりも慎重になったため、また落とすということはありませんでした。