» 2016 » 12月のブログ記事

931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s

引越しに最適な日和として私が推したいのはやはり、ちょっと動けば汗を掛ける穏やかな小春日和。
まさに春先の引越しシーズンにおけるベストな天気がそれで、どこからともなく漂ってくる梅や水仙の花の香りを感じながら作業すると、不思議と疲れやストレスも感じず作業が捗るもの。今後の暮らしへの期待感が春の予感と共に膨らむからでしょうか・・
確かに秋にもこういった天候はあるにはあるのですが、秋特有のどこか空気が張り詰め物悲しい雰囲気というのは好みでは無く、例え朝早くから清々しく作業出来たとしても、早くに陽が傾き出す午後までにはさっさと作業を終わらせたいという焦りが出てしまうものです。
こんなにも色々な季節の印象を持っているのも私が引越しのバイトをオールシーズンかなりの数こなしていたからで、やはり陽が高く穏やかな日和、特にどんどん陽が長くなる春の方が残りの案件に対する焦りや寂しさを感じず、心地良くノルマをこなせると感じるものです。
逆に気温の日較差が大きくなる真夏と真冬は当然の事ながら厳しく、あまり作業したくないもの。去年の夏は夏バテの疲労に加え、無理して土日連続でバイトを入れたおかげで熱中症になりかけてしまい、大変でした・・

引越し 単身 格安 大阪でしてくれる業者は?

荷造りや、転出届け、水道・電気・ガスの手続きなど、色々な準備をこなして、いざ引っ越し当日!
それまでの準備についてはあれこれ考えても、いざ当日のことになると意外とおろそかになりがちです。

今日は、そんな引っ越し当日に役立つモノ7つをピックアップして紹介したいと思います。

まず一つ目は、太めのマジックペン。段ボール箱に何を入れたかサッと書いたり、メモをとったりと、何かとあった方が便利です。ガムテープも、当日ギリギリまで使用していて、直前に梱包するモノが意外とあるため、一緒に用意しておくと安心です。

それから、大きめのビニール袋と掃除道具。荷物を全部運びだしたら、退去前の部屋を掃除することになります。もちろん、当日までにだいたいはキレイにしておくのですが、大きな家具の下などは運び出しが終わったあとでないければ掃除できません。
%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%83%e3%83%81%ef%bc%91
軽食を用意しておくのもお勧めです。バタバタしていてゆっくり食事をする時間はないけれど、動き回るのでお腹がすきます。きちんとエネルギー補給して、1日がんばりたいですね。

最後に、スマホのバッテリーと多めの現金。引っ越し当日は、業者さんやお手伝いに来てくれる人など、連絡を取ることが増えます。バッテリー切れでコンタクトが取れない!なんてことのないように、予備のバッテリーを持っておきたいです。それから、電車やタクシーで引っ越し先に移動したりするため、多めの現金もあると良いです。

引っ越しが終われば新生活までもうあと一歩!
大変ですが、がんばって乗り切りましょう!

電車に乗っていて外の景色を見た時に、ふと自分の意思とは反して、引っ越しを余儀なくされた事を思い出したので、その事について思い出しながら書きたいと思います。

%e3%82%a2%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%92
今から15年ほど前のことです。田舎から上京して初めて住んだマンションで生活して1年ほど経った時です。住んでいた区の計画で、線路沿いの歩道・車道を今より広げる、というものがありました。私の住んでいたマンションは、その線路の沿線上に建っており、何度か撤去の話が区からマンションのオーナー側にあったようです。

引越し 単身パック 短距離について

都度断っていたようですが、とうとう断る事ができなくなり、マンションは撤去する事に合意したようです。マンションを撤去するという事は当然、そこに住んでいる住民は引っ越しする必要が出てきます。住民1人1人にオーナーと区の担当者から今回の経緯と補償内容について話がありました。補償内容は私の想像以上でしたので、異論はありませんでしたが、次の引っ越し先を決めなければいけません。引っ越し先を決める上で重要視したのは、予算と通勤時間でした。ネットでの情報収集はもちろん近所の不動産屋で探したり…という日々が続きましたが、なかなか物件が決まりません。そんなこんなで時間が過ぎましたが、ようやく希望に近い物件を見つける事ができ(すこし古かったですが)契約をし、新しい生活を始める事ができました。なかなか体験する事ができないと思うので、今ではとても貴重な体験ができたと思っています。

ここ何年も大流行している事といえば断捨離ですが、捨てるのが苦手な人も少なくないのでなかなかうまくいかないと悩んでいる方が少なくありません。ですが、どんな方でも断捨離しやすいタイミングというのがあり、それが引っ越しです。
なぜなら引っ越しで大量の荷物を運ぶとなるとかなり高額な引越し料金を払うことになってしまうので、
それを避けるためにも物を捨てたほうがいいと本気で思えるからです。

%e3%82%b4%e3%83%9f%e6%8d%a8%e3%81%a6%e5%a0%b4

私も何年前かに引っ越しを経験したんですが、できる事ならば捨てたくないと思っていた物も全部捨てる事ができました。なぜならそれを運ぶためにかかる引越し料金の方がそれらを新しく買う料金よりも高くかかると気づいたからです。実際色々な引越し業者に問い合わせて見積もりをしてもらったんですが、元々運ぼうと思っていた荷物の場合は安いところでさえ7万くらいかかるとわかって本当にびっくりしましたし、ショックでした。

そこで荷物をなんとかして減らさなければいけないと思い捨てたり人にあげたりし続けた結果、最終的には2万円代の料金にまで引き下げることができたんです。料金をそこまで安くできた事にも感動しましたが、結果的に断捨離に成功できたのも嬉しかったです。