» 2017 » 1月のブログ記事

57049f9c3a47f08964e4feec879cee9b_s

トラックにどれくらいの荷物が入るのか事前に確認することができれば、引越しを依頼する時にどれくらいの費用であるのかある程度想定する事ができます。

引越しの現場にスタッフとトラックを入れる段階である程度の費用が発生するので、その金額がベースとなり引越しの費用が決まってきます。

そのトラックの費用と、スタッフ1人の費用は引越し業者によってかなり変わってくるので、最低限必要な人数とトラックのサイズが分かれば、他の業者の相場と比較しやすい状態となるのです。

転勤 引越しするときには出来るだけ多くの業者の見積もりを出した方が、安い引越しを実現する事が可能となるので、ネットの引越し費用の比較サイトをチェックして、地元で依頼することができる業者の引越し費用の相場を確認しておくことが大事になります。

そこでポイントになってくるのは、引越し業者だけでなく何でも屋さんのような業者もチェックするべきです。軽トラックや1トン車などで現場に来てもらい、車に積載できる分を大量に詰め込んで、移動しても下ろすまでの時間を計測します。

その拘束した時間で費用が発生するので、それほど遠くない引越であれば、引越し業者に依頼するよりも格安で作業を終えることが出来る可能性があります。

引越しをするときには、リサイクルショップの利用頻度が多くなるべきです。これまで住んでいた場所で使っていた物を、全て新居に移動するのではなく、引越しを期に古い物を処分して新しい物入れ換える対策を考えるのです。
%e6%a3%9a%ef%bc%91
この場合に、現状でまだ使える家具などを処分することになってしまうので、捨てるにはもったいない物はリサイクルショップに持ち込む事が大事です。

ただ、大きめの家具などを持ち込むときには非常に手間のかかる作業となるので、トラックに積載している段階で担当者に見せて金額を出してもらいます。

すでに処分するために持ち出した物は、見積金額が安いからと言って持ち帰ってくると今後の問題を山積みの状態にしてしまうので、見積もりがかなり安かったとしても処分するという決断をするべきです。

手間をかけて持ち出した家具を再度自宅に戻したり、引越し先に移動したりするといつまでもこの家具を使い続けることになってしまいます。

そのあたりを考慮すると、リサイクルショップを複数回る事を想定し様々な物を車に積載して見せて回るという対策が有効です。出来るだけ高い金額に見積もってくれた業者に売却していけば、それなりに損失を低い物とする事が可能なはずです。